野球は確率のスポーツ!選手のデータを把握が重要

野球 ヒット

野球は確率のスポーツと言われるほど、各選手のデータが非常に重要になってきます。個人成績には安打や本塁打のような本数を積み重ねたものと打率や防御率のような確率で表記されるものがあり、野球は他のスポーツに比べて確率で表す項目が多いです。例えば、生涯打率が4割のバッターと1割のバッターがいても、今日の試合どちらがヒットを多く打つかなどは試合が終わってみないと分からず、起用する監督の立場からすると4割打っているバッターの方がヒットの確率が高いから起用するという思考になるでしょう。1試合だけならどちらの選手がより多くヒットを打つかわかりませんが、4割打っているバッターは確率的に100回中40回、1000回中400回もヒットを打つ可能性が高く、その母数が大きくなればなるほど確率の高い選手を起用する方が勝ちに繋がりやすくなるでしょう。

また、打者だけでなく、バッテリーも確率を重視して投球コースや球種を選択します。バッターの苦手なコースは人それぞれで、インコースが弱いバッターもいればアウトコースが弱いバッターもいるため、ランナーや点差などの状況を踏まえてバッテリーは打者ごとに打たれる確率が低いコースに投げてヒットを打たれないようにしているのです。

グローブとボール

このように、野球で勝つためには相手のデータを多く集め、確率を重視して勝負すると勝ちやすいと考えられます。しかし、あくまでもそういう傾向にあるというだけで、必ずしもその選択が正しいという訳ではないところが野球の醍醐味とも言えるでしょう。